ウォーターサーバーのメリットとデメリット

<ウォーターサーバーのメリット>
現在、ウォーターサーバーは家庭用、または会社のオフィスなどで多くの人が利用しています。
どうしてここまで、ウォーターサーバーが利用されているのでしょうか?
その理由はやはり、多くの人がウォーターサーバーに魅力を感じていることに他なりません。
ここでは、ウォーターサーバーについて大まかなメリットをいくつかご紹介したいと思います。

1.衛生的なメリット
ウォーターサーバーは水の宅配業者がミネラルウォーターの入った大きなボトルを届けてくれるので、そのボトルをサーバーにセットします。すると、サーバー内部のタンクに水が溜まり、必要なときに給水することができるようになっています。このミネラルウォーターの入ったボトルは密閉性が非常に優れており、空気やそれに伴う雑菌の侵入を限りなく防いでいます。
また、サーバー本体も給水を行っても空気が入らないよう工夫がされており、鮮度の高い水をさまざまな用途に利用できます。

2.高い利便性
ウォーターサーバーの利便性はかなり高いものです。
必要な時に必要なだけ、冷水、または温水を使い分けることができます。
水を冷蔵庫で冷やしたり、コンロを使ってお湯を沸かす作業がなくなるため、冷水をすぐ飲めますし、お湯が沸くまで待つ必要もありません。
そして、水の入ったボトルは宅配業者が自宅まで届けてくれるため、わざわざお店に行ってミネラルウォーターのペットボトルを買う必要もないのです。

3.経済的なメリット
ウォーターサーバに必要な水は、どの会社もだいたい12リットル入ったボトルで1500円前後で、500mlあたり約62.5円程度です。
電気料金は電気ポットよりも若干安くなります。月々の費用としては、1000円程度にしかならないため、冷水・温水の両機能を備えた機器としては非常に経済的です。


<ウォーターサーバーにデメリットはあるのか?>
上記ではウォーターサーバーのメリットについて述べましたが、逆にデメリットはあるのでしょうか?

結論から言うと、ほとんどありません。

無理やり挙げるとすると、ミネラルウォーターをほとんど使わない人がウォーターサーバーを設置してしまうと、わずかな電気料金のみがかかってしまうことになるでしょう。
または、ウォーターサーバーを設置するためのスペースが必要になることぐらいでしょうか。

しかし、水は日常生活において常に使用するものなので、水を使わないという人はほとんどいないでしょう。

設置するためのスペースについては、ウォーターサーバー自体もそれほど大きいものでもありませんし、今までお店で買っていたミネラルウォーターの入ったペットボトルのスペースが逆になくなることを考えれば、さほど問題ではないでしょう。

>>next:ウォーターサーバーの活用法