ウォーターサーバーの活用法

ウォーターサーバーの活用法
以前までは、ウォーターサーバーは業務用として開発された関係もあり、オフィスや店舗で利用されることがほとんどでしたが、、現在は一般家庭にも広く普及してきており、その数は近年よりいっそう需要は高まってきています。

ウォーターサーバーの活用法は【オフィス】と【家庭】で違ってくる思いますので、下記ではオフィスと家庭に分けて、ウォーターサーバーの活用法を紹介していきます。


オフィスでの活用法
ウォーターサーバーは元々は業務用に開発された為、オフィス・店舗などにおいて現在でも多く利用されています。

まず、来客の際にすばやい対応が可能になります。予定のない急な来客に対しても、焦ってやかんに火をかける必要はありません。ウォーターサーバーのコックをひねるだけで熱いお湯が出ます。その為、コーヒー・お茶などをすぐに作ることも可能です。

また、オフィス内の従業員に対しても、飲みたいと思ったときにお茶やコーヒーを飲むことができるので、無駄な時間を削減することができるわけです。

その他にも、オフィスではないサービス店舗においてウォーターサーバーを設置しておくことで、お客様の待ち時間に冷水、またはコーヒーやお茶を提供することができます。そうすることで、お客様を手持ち無沙汰にすることを防ぐ為、店舗側にとってもメリットがあると言えるでしょう。また、セルフサービスにすれば、店舗側の作業量が減るので業務の効率化につながります。


家庭での活用法
ウォーターサーバーの家庭で活用法は、オフィスとはまた違います。

一番の違いとしては、炊飯や調理に利用できる点です。ウォーターサーバーの水は非常に水質が高い為、炊飯・調理に使用してみると、できあがったものの違いは明らかです。

多くの口コミサイト等でも、ウォーターサーバーの水を炊飯や調理に使用している家庭での意見を見ます。例えば、「お米を以前よりふっくら炊けるようになった」「味噌汁の味が明らかに美味しい」といったような意見が多いようです。

また、赤ちゃんがいる家庭では、すぐに手軽にミルクを作ることが可能です。

電気ポットなどでも、最近は赤ちゃんのミルク作りに適した温度での保温機能があるものもあります。しかし、熱湯を使用したい際は設定温度を変えなけれいけなくなるので手間がかかってしまします。

その点では、ウォーターサーバーは冷水・熱湯の両機能が搭載されている為、2つを混ぜることで素早く赤ちゃんのミルクを作ることができます。

赤ちゃんが夜泣きしてミルクを欲したとしても、すぐに与えることができるのでお母さんとしても助かるでしょう。ウォーターサーバーの水は厳しい検査を通ってきている為、衛生面でも赤ちゃんに与えることに問題はありません。

>>next:ウォーターサーバーの家庭での活用法