ウォーターサーバーと中国ビジネス

<ウォーターサーバーと中国ビジネス>
日本のウォーターサーバービジネスの特徴は、ナチュラルミネラルウォーターを原水とした清潔で安心な水を提供していることです。ウォーターサーバー会社も増え、全国各地に拠点があります。
中でも、富士のパナジウム、大分・日田の天然水、京都の天然水が特に人気が高いです。
価格も8L~12Lのボトルなら、1600円から1,900円が一般的です。

ウォーターサーバーが注目されているのは日本だけではありません。
朝霧のしずくプレミアムなどは、中国市場にも進出しています。
理由は、中国では、富士山近辺の水が圧倒的人気があるからです。特に富士のバナジウムが人気があります。海外で市場というと聞こえがいいかもしれませんが、デメリットもあります。中国では、悪質なブローカーのせいで、価格破壊があちらこちらで起きており、問題となっている地域もあるようです。