ウォーターサーバービジネスの歴史

<ウォーターサーバービジネスが発達した理由>

近年、地球温暖化と砂漠化傾向に警告がかかっています。毎年状況が悪化し、もともと不足しがちな水が、世界規模で、近いうちに枯渇してしまうということです。

日本ではもともと衛生面で水を信頼できる環境だったのですが、さらなる水の安全性を追求する動きが最近出始めました。具体的には、ご家庭で浄水器を蛇口につけたり、ペットボトルのミネラルウォーターを購入して飲むことなどが当てはまります。

水道水は飲み水として適切なのかというと、100%ではありません。
理由としては、水道水の70%は、河や湖から採取していて、塩素や、鉛管、貯水場などからの細菌が繁殖する恐れもあるんです。そのため、天然水のミネラルウォーターへのニーズが増加しています。


<ウォーターサーバービジネスの台頭>

そのような事情を踏まえて、ウォーターサーバーや、水宅配ビジネスが流行しました。オフィスやご家庭をメインに、ユーザーが毎年うなぎのぼりに増え、ウォーターサーバー水の宅配サービスは、今最高潮ということができるでしょう。

同業他社が増えるにつれて、カラフルなサーバーやキャラクターとのコラボ商品、レンタル料金無料など、自社の商品の魅力を増やそうとどの会社も創意工夫を重ねています。