日本の飲料水の環境の変化

今までは日本では蛇口をひねって水道水を飲むことが一般的でした。

しかし実際には、日本の水道水の大半は河川から水を取り込み、浄水場で薬品を使用して処理したため、消毒のための塩素が含まれた状態で、各家庭や工場および公共の場へ利用されているのです。
特に夏場は水を多く摂取すると思いますが、夏場ほど、塩素濃度が高くなっています。

そのことを恐れて、浄水器やウォーターサーバーを導入するご家庭が増えました。

日本では97.5%と高い数値で水道が利用できる環境ですが、、実は水道水を直接飲んでいるのは全体の17.4%という低い数字なんです。
全国で5195万世帯と勝ち得して、903万のご家庭では直接水道水の水を飲みし、残り4291万のご家庭ではミネラルウォーターを飲むか、浄水器を水道に設置して浄化してから飲んでいるということになります。

いつからか、お金を出して安全で清潔な水を購入する時代へと変化しました。