ウォーターサーバーとは?

ウォーターサーバーとは、ミネラルウォーターの入った専用のボトルをサーバーにセットすると、必要な時に必要なだけ冷水と温水を利用できる非常に便利な給水・給湯装置です。最初は業務用専門として開発されたものですが、今現在は水についてのリスクや危険性が指摘されることが多くなった為、一般家庭用でもかなり普及してきています。ウォーターサーバーには、衛生面や利便性の高さ、そして経済的に優れている等のメリットがあります。


<安心・安全な水が飲みたいときに飲める>
ウォーターサーバーのお水は、サーバーの会社が独自の水源から採水してきた原水をろ過して、厳しい審査・衛生管理に基づきボトリングされている為、雑菌や細菌の混入を防ぎます。その為、新鮮且つ衛生的なのです。

また、ウォーターサーバー本体は上記の水を衛生的且つ安全に保存できるシステムを備えているので、常時清潔で新鮮な美味しい水を飲むことが可能です。


<簡単に利用できるウォーターサーバー>
ウォーターサーバーは、ボトルを設置すると、サーバー内部のタンクに一定量の水が給水され、タンク内にある水が減ると、自動的にボトル側の水がタンクへと給水されるといった仕組みになっています。
ですので、ウォーターサーバー使用者はボトルのミネラルウォーターがなくなってしまった際にボトルを交換するだけです。お店で販売しているようなペットボトルのミネラルウォーターだと、冷蔵庫から取り出して、キャップを外してコップへ入れ、そして、また冷蔵庫に戻すという作業をしなければいけませんが、ウォーターサーバーであれば必要ありません。

サーバーから出てくる水とお湯は、それぞれ4~9℃、80~95℃前後の冷水・温水となっている為、冷蔵庫で水を冷やしたり、やかんでお湯を沸かす必要はありません。
水の入ったボトルも、ウォーターサーバー専門会社が自宅まで配送してくれる為、わざわざお店に買いに行く必要はありません。


<とてもお得なウォーターサーバー>
ウォーターサーバーはぜいたく品だと思われている方もいるかもしれませんが、実はお店でペットボトルに入ったミネラルウォーターを購入するよりも、ウォーターサーバーを利用した方がお得になります。
例をあげると、500mlのミネラルウォーターはお店で購入すると価格は100円前後ですが、ウォーターサーバー用の水のボトルを自宅まで配送してもらった場合、12リットル入りのボトルだとだいたい1500円前後なので、500ミリリットルあたり約62.5円しかかかりません。
また、電気料金も電気ポットよりもウォーターサーバーの方が安くなる為、冷温水を利用できるという点からも、非常にお得なのです。

>>next:ウォーターサーバーのメリットとデメリット


>>ウォーターサーバー比較ランキングTOPへ