1日に必要な水

<一日に必要な水の量>
人間の体の60%は水で構成されているというのは有名ですよね。
羊水は100%、赤ちゃんなら体重の80%が水です。

人間は一日活動をしていると、尿や汗などの形式で2リットル以上水がでていきます。 そのためこまめに水分補給を行わないと脱水症状や熱中症になる恐があります。 また、毎日継続して水分を補給しましょう。

1日に必要となる水分摂取量は、体重や年代によって異なります。

1㎏当たり必要な水分量は、成人は50ml、幼児は100~140ml、子供は50~100ml、老人は40mlです。小さい子供の方が多く水分を必要とする傾向にあります。
おみそ汁や果物などの食べ物に含有されている水分も合わせての水分量なので、食物の水分量として約1.5リットルを差し引いた水分量を摂取しましょう。
また、この水分量はあくまで目安であって、夏場やスポーツのあとは、これ以上の水が摂取するようにしましょう。


<水の効果的な摂取方法>
朝起きたらコップ1杯程度の水分を摂ることが、最も手軽で効果的です。
理由は、寝ている間にコップ1杯の汗をかくからです。ウォーターサーバーがあれば蛇口をひねるだけで、忙しい朝でも清潔な水を摂取できますね。
また、入浴や運動など汗をかくときは、あらかじめ水分補給をしてから望み、汗をかいた後また水分を摂取しましょう。