ウォーターサーバーのオフィスでの活用法

ウォーターサーバーは元々は業務用商品であった為、家庭用サーバーが普及してきた現在でも、利用率は業務用の方が高いようです。
オフィスをはじめ、外部から多くのお客様が訪れる店や病院・クリニックなど、あらゆるところでウォーターサーバーを目にします。
そんな業務用でのウォーターサーバーの活用法はどんなものがあるのでしょう?


<急な来客への対応>
来客が予定があるとわかっていた場合は、時間に合わせて準備をすることができます。しかし、突然の訪問があった場合、あわててお湯をわかしてコーヒーやお茶を準備したりするハメになります。

突然の来客にもスムーズに対応できてこそ、会社のイメージアップにつながります。
ウォーターサーバーは約80~90度のお湯と、5度前後の冷水が瞬時に利用できるので、お湯をわかしたり、水を氷で冷やしたりという手間が省け、急な来客にも素早く飲み物を提供することができます。


<待ち時間のリラックス>
特に店舗での利用目的に多いのが、待ち時間に提供する飲み物としてです。

長い時間待たされていると、お客さんもイライラしてきますし、喉が渇いた時には我慢を強いられることになります。
待ち時間に少しでもリラックスしてもらえるように、ウォーターサーバーを設置して、コーヒーや紅茶などの備品を傍らに添えておくと、手持ち無沙汰にならず、のんびりと順番待ちしてもらうことができます。


<活用されている場所>
ウォーターサーバーを業務用として活用している場所はいくつかあります。
社員及び来客が利用するオフィス、商談が長引きそうな自動車のショールームなどの他に、レストランや飲食できるスペースのあるスーパー・デパート、さらには待ち時間が長くなりやすい病院など、職種や利用する人に関わらず、ウォーターサーバーはあらゆる場面で活躍しています。

>>next:ウォーターサーバーとは