ミネラルウォーター市場の成長

ミネラルウォーター市場が注目を浴びたのは1990年代からです。
このころ、マンションの貯水タンクの汚れや水道水の清潔面がメディアでも取り上げられる中で、水道水の代わりに家庭用ミネラルウォーターの消費量が大幅に拡伸びてきました。
さらに、2000年以降に、健康志向を歌謳ったCMやなどでの露出が目立ち、自動販売機やコンビニでもミネラルウォーターが目立つようになりました。その結果、2008年には10年前の3倍近い市場規模に成長するに至りました。
国民1人あたりのミネラルウォーターの年間消費量は、2008年には19.7リットルと、継続的に高い数値を保っています。

成長するミネラルウォーターの市場の中で、特に台頭しているのが「宅配水」のビジネスです。

宅配水市場は2008年以降急激に拡大してきています。
アメリカなどの海外主要国では以前から宅配水は安定した人気がありましたが、日本でも外国に追いつきそうなぐらい、市場が急成長しています。
宅配水のウォーターサーバーの会社も増え、2015年以降には3000億円市場にまで伸びるのではないかと予想する人もいます。