ボトルはどうやって処分すればいい?

<飲み終わったボトル>

ウォーターサーバーを申し込む際に、飲み終わったボトルは回収してもらうのか、自分で捨てるのか。ボトル配給方法には大きく分けて2種類の方法があります。
エコ重視のリターナブルボトルと、便利さ重視のワンウェイボトルがあります。


<リターナブル方式>

リターナブルボトルといって、全部使って空になったボトルをウォーターサーバー会社に返却し、洗浄・殺菌して再度水を再利用するというもの。
ボトルが丈夫でサーバーにセットしやすいのが特徴です。

エコを心がける人には、ゴミを出さないこの方式をオススメします。地球温暖化防止のために、身近なことから実践できます。
デメリットとしては、形がっしりしているため業者が取りに来てくれるまでスペースをとってしまうということです。いくつもたまってしまうと家が狭くなってしまうので、こまめに、使い終わったボトルと新しいウォーターボトルを交換することを心掛けましょう。


<ワンウェイ方式>

ワンウェイ方式とは、ボトル素材にリサイクルできるペット素材が使われています。ウォーターサーバー会社から利用者に送られてきた後にお住まいの地域の分別方法を参考にリサイクルに出すことができます。エコという面ではリターナブル方式に劣りますが、お仕事や家事などで忙しい方にとっては重宝します。

家をあけることが多く、業者に回収に来てもらっても留守をしていることが多いという方にも好評です。ボトルの水を消費した場合小さくたたんでおけるので家のスペースをとらないという、リターナブルボトルにはないメリットもあります。

また、ワンウェイボトルは、水を利用した後に空気が入りにくいので、空気中の雑菌やカビ菌の増殖が抑える他、タバコの煙なども入らないので衛生面で優れています。

小さいお子さんのミルクを作ったり、旦那様が飲まれるお酒の水割りに利用するなら、美味しくて清潔な水がいいですよね。混入物はできる限りブロックしたいという方が多いと思います。ワンウェイ方式は最初から最後まで安全な水をお約束します。