ウォーターサーバーの水と水道水は何が違う?

ウォーターサーバー利用するとき、業者から提供されるお水と水道水は何が違うのでしょうか?

・以下回答

業者から提供されるお水と水道水では多くの違いがありますが、まず一番分かりやすいことは、塩素が含まれていないという点です。

水道水のもとになる水は川や湖、地下水ですが、これらの水には生活用水、農業用水、工業用水までもが含まれています。そのため、これらの水をそのまま水道水として家庭に提供することは不可能なので、強力な殺菌処理が必要になります。この殺菌処理の際に、大量の塩素を使用するため、水道水には塩素が含まれているのです。そして、塩素は独特の臭いがあるため、匂いに敏感な人などはとくに水道水を飲むことに抵抗があるようです。

対して、ウォーターサーバーで利用する水は、工業用水などが及ばない天然の湧水や地下水を原水とし、塩素を利用した殺菌処理は行いません。主に加熱処理を行い、繰り返しろ過処理もしているので、不純物が可能な限り除去されています。

つまり、水の安全性という点ではウォーターサーバーの水が優れているということになります。

>>ウォーターサーバー比較ランキングTOPへ