ウォーターサーバーと水道水の違い

〈ウォーターサーバーの水は体に良い〉
ウォーターサーバーの優れている点は、いつでも好きな時に新鮮なミネラルウォーターが飲むことができるということです。水道水でも蛇口をひねると水は飲むことが水質の審査や管理が徹底的にされている為、塩素殺菌を行う必要があります。ウォーターサーバーに使用されているミネラルウォーターによっても異なりますが、通常は加熱殺菌などの最低限の殺菌作業のみを行なっていて、味がマイルドで体にも適した水となっています。

また、水道水、ウォーターサーバーの両方にミネラル成分は含まれていますが、ウォーターサーバーは全国各地から届いた好みの水を選択することができます。また、ミネラル成分を全く含んでいない、よりピュアな水等もあります。安全性やミネラル成分の違いによって自由に選べぶことができる、それがウォーターサーバーの大きなメリットです。


〈水道水の危険性〉
水道水は殺菌のために塩素が含まれるています。 各家庭の水の蛇口から0.1ppm以上の濃度を保つように国の安全基準で決められています。0.1ppm以上ということは、0.1ppmの数倍~数十倍の濃度の塩素が入っている恐れもあります。 水からカルキ臭を感じる場合は、塩素が多く含まれている場合があります。>>水の種類について

また、国が管理するのは水道管までであって、 ご家庭で実際に飲まれるのまれる水までチェックしているというわけではありません。
そのため浄水器を設置するか、ウォーターサーバーを設置することをおすすめします。

>>next:ウォーターサーバーの電気代


>>ウォーターサーバー比較ランキングTOPへ