壊れたらどうすればいい?

<故障した際の対応>

万が一ウォーターサーバーが故障した時の対応は、業者によって異なるのよくチェックしておきましょう。
サーバー自体に自浄機能がついている形式のウォーターサーバーであれば、自宅でのボタンひとつの簡単な操作のみでOKでメンテナンスが不要だったり、1年か2年に一度定期洗浄メンテナンスに出すのみでよかったり、手間は少ないです。

通常使用の範囲内であれば無償で修理または交換してくれるなどサポート体制が行き届いた会社がほとんどです。
しかし、たとえば何かをぶつけて蛇口が折れてしまったなど自分に原因があるケースでは、送料手数料と修理代がかかることもあります。修理交換・返品の料金は5,250円というのが標準的な数値です。

メンテナンス料金について具体的な数値をランキング形式でまとめてみたの、よければ参考にしてください。


<故障させないためのお手入れ>

多くのウォーターサーバー会社が、普段のお手入れ方法をホームページ上で紹介しています。また、サーバーを新規で申し込んだ際に、注ぎ口と受け皿周辺の取り外しや拭き取りなどのメンテナンス方法を詳しく記載した取扱説明書がついてきます。清潔に衛生的に水を使うためにも、自分で簡単にできるお手入れはこなしておきたいですね。