赤ちゃんにとって安全な水

<水道水の危険性>
妊婦の女性や赤ちゃんが、水道水を飲み水にすると羊水や赤ちゃんの発達に悪影響を与えてしまう危険性があると言われています。
法律では定められた基準の10倍以上の塩素や生活排水・工場排水・農薬や家畜の屎尿・産業廃棄物などによって水道水が汚染してしまっている可能性がないわけではないからです。


<赤ちゃん向けのお水>
では、水道水以外の水の中でどれが適切なのでしょうか・・・?

 

 

 

 

 

軟水の清潔な水をオススメします。

これは日本小児科学会など3つの学会で、硬水に多く含まれるミネラル分が乳児の腎臓に負担をかけると公表しています。下痢を起こす場合があるので避けたほうがいいそうです。

また、市販の粉ミルクが軟水である水道水でつくることを想定していつくられています。硬水を使った場合は、ミネラル分が多いため、粉ミルクがなかなか溶けないこともあるそうです。
硬水はミルクの水に不向きなので、なるべく軟水を用意しましょう。

また、ミネラルウオーターで、ミルクをつくらないでなど言われていますが
軟水のミネラルウォーターでしたら赤ちゃんのミルクや湯ざましに利用しても、大丈夫です。

ミネラルウォーターというとミネラル分の多い硬水というイメージがあるから、使ってはいけないと思われている方もいるかもしれませんね。

ウォーターサーバーでは、スマイルベビー水アルピナウォーターがおすすめです。
赤ちゃんが いるご家庭にとって、スーパーに買い物に行く手間不要で届けてくれるというメリットもあります。