水道水の安全性とウォーターサーバー

東日本大震災の後、水道水に関して沢山の情報が出回りました。その内容は、放射能問題。水道水に放射能が溶け込んでいないかということ。実際、原発事故以降、水道水の安全基準が設けられました。このことで、人々は水道水にとても敏感になってしまったのです。日本の水道水は世界的に見て、とても安全だと言えます。日本の技術はとても高く、中国の汚染水問題にも力を貸しているくらいです。そんな日本でも、今水問題は深刻なものになりつつあるようです。


 

ウォーターサーバーが救世主に

そのような背景から、今ウォーターサーバーの人気が急上昇しています。ウォーターサーバー会社の数も増え、今では公共施設にとどまらず、一般家庭でもよく見られるようになりました。東日本の地域に住んでいる人、それ以外でも小さなお子様がいる家庭には特に需要があるようです。美味しくて安全な水が飲めるというメリットと加えて、ミネラルウォーターを自宅まで配達してくれるという点も人気の理由のようです。こちらの理由からは、お年寄りの利用率増加が考えられます。自宅まで思いペットボトルを運ぶのはお年寄りには一苦労です。色々な面で人々の支持を得ているのです。おそらく、これからもウォーターサーバーの需要はますます増えていくことでしょう。
(>>>ウォーターサーバー人気ランキングへ