ウォーターサーバーの電気代が下がっている?

ウォーターサーバーでは電気の力を利用して、水の温度を温水にたもったり冷水を出したりしています。この温度を変えているのが電力の力です。そのため、ウォーターサーバーでは水代などのほかに電気代が毎月1000円程度かかると言われていました。


電気代が安くなるサーバーも登場

毎月の電気代が約1000円、高くなるというのは利用者からすると非常に負家計への負担が大きいと判断する家もあり、電気代の面で敬遠している方もいたかと思います。特に一人暮らしでは家を空ける時間も長いので、在宅時しか利用しないウォーターサーバーに毎月、電気代が上がるのは非常に悩ましいことだったのではないでしょうか?現在では、そのような悩みを解消した、使わない時間帯、主に夜に電源をオフにして電気代を削減する省エネモードを搭載しているサーバーが高い人気を得ています。頻繁に利用する時間帯だけ電気を使うので、地球にも優しいですし、電気代も従来の大型サーバーと比較すると最大で3分の1まで削減できると人気です。


温水や冷却機能のない常温のサーバーも誕生

一人暮らしの人口増加や、家電機器の発達に伴って、温水や冷水の機能を一切なくした常温を取り扱うウォーターサーバーもあります。会社によって扱うサーバーの種類には違いがありますが、常温保存のサーバーであれば、月の電気代をきにすることなく利用することができるということで、一人暮らしや利用する水の量が少ない家庭で高い支持を得ています。

>>>ウォーターサーバー人気ランキングへ